リファラースパム

Googleアナリティクスはホームページのアクセス状況を解析する大切なツール。しかし年々関係のないサイトからのアクセスが記録される「リファラースパム」が増えてきてますね。アクセス数が少ないサイトの場合、これらスパムサイトがリファラ(参照元)の上位に表示されしまうなんてことも…。皆さんのホームページでも「何でこのサイトからリンクされているんだろう?」って思ったことありませんか?

リファラースパムの例(*アクセスしないでくださいね)

  • 100dollars-seo.com
  • success-seo.com
  • videos-for-your-business.com
  • buttons-for-website.com

リファラースパムをgoogle analyticsで除外する方法

  1. アナリティクス設定 > ビュー > フィルタ/li>
  2. + 新しいフィルタ を選択
  3. フィルタ名は適当な名前でok
  4. フィルタの種類は、カスタムで、除外を選択
  5. フィルタフィールドは、参照にして、フィルタパターンに除外するURLを入力
  6. これでリファラースパムを防ぐ設定が完了

* 注意点としては、フィルターを設定指定しても過去のデータは消せません。
* リファラースパムを除外する設定をしてから正しいデータとなります。

Googleアナリティクス ボットのフィルタリング設定

ボットのフィルタリング

Googleアナリティクス、レポートビュー設定にある、ボットのフィルタリング(既知のボットやスパイダーからのヒットをすべて除外します)にチェックを入れていても完全には除外できません。いたちごっこにはなりますが、正確なアクセス解析データが必要なら個別にリファラースパム対策するしかないですね。

参考:リファラースパムリスト
見つけ次第更新 リファラースパムリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

CAPTCHA


メニュー